賃貸物件の基礎知識

火災をおこさないために

寝る前、出かける前の「火の元」には十分に注意しましょう。
タバコの消し忘れ、電気ストーブ等のそばに燃えやすいものを置くのはやめましょう。

ハロゲンヒーターストーブタバコ

また、いざという時のために、お部屋に火災警報器がキチンと取り付けられているか、消火器の設置場所、使い方などを確認しておくと良いでしょう。

火災報知器消火器使い方消火器

いざという時のための保険

賃貸物件を契約する際には、ほとんどの物件で家財に対する保険(火災保険とも言います)に必須で入っていただきます。

これは火災はもちろんのこと、その他の補償内容に適合する場合、この保険を使って入居者の家財や建物に対する賠償などを補償する保険です。
※保険金が支払われない場合もありますので、ご契約時にご確認ください。

家財の保険(火災保険)の内容は各保険会社、各商品によっても異なりますので、ご契約時には十分に注意して内容の説明を受けてください。

←賃貸物件の基礎知識 トップへ