賃貸物件の基礎知識

生活音は騒音にもなります

賃貸アパート、賃貸マンションでよく問題になるのが生活音です。
普通に生活をしているつもりでも、人によって音の感じ方は違いますので、お隣・階下・階上のお部屋に迷惑を掛けない心配りが必要です。
また、時間帯によっては、生活音は騒音ともなりますので注意してください。
下記に、弊社に実際にあった苦情の中から、幾つかを抜粋し、記載します。

夜間の音について

夜間(夜10時以降)・早朝の掃除、洗濯は控えましょう。
共同住宅では入居者の生活リズムも様々ですので、お互いに常識の範囲を意識してください。
また、深夜・早朝の入浴にも十分な配慮が必要です。

扉の開け閉めの音

扉の開け閉めなどは、まさに個人差のある生活音と言えるものですが、こちらも苦情が来た事がありますので注意しましょう。

テレビ・オーディオの視聴

テレビ、オーディオの視聴の際の音量、特に夜間・早朝の音量には十分に注意してください。

室内を走る

室内を走る音(子供が多いですが、大人でも走る方もいます)や子供がベッドから床にジャンプする音、夜間に大きな音で歩き回るなどは、実際に苦情としてお電話をいただきました。

以上の事から、集合住宅では、「シングル物件(単身者用)」、「ファミリー物件」ともに、共同生活という事を常に意識してください。

※生活音には感じ方に個人差があります。
上記では実際に苦情としてお電話をいただいた例を挙げましたが、ある程度の「生活音」は許容範囲として、ご理解ください。

←賃貸物件の基礎知識 トップへ