賃貸物件の基礎知識

火事は最初の消火が肝心です

火災は最初の消火が肝心です。 日ごろから消火器の設置場所を確認しておくとよいでしょう。

消火器使い方消火器

また、消火器の使い方についても知っておくと、いざという時に素早く使えます。
下記に手順を簡略化して記載しますので、ご覧ください。

  1. 消火器を障害物にぶつけない様に注意しながら、火災の起きている場所近くの消火に安全な場所まで運びます。
    ※あまり離れすぎていると、放射前に薬剤が尽きてしまいますので、概ね7~8m手前を目安とします。
  2. 持ち手上部、黄色の安全ピンを引き抜きます。
  3. ホースを外し、ホースの先端を持って火元に向けます。
    ※ホースの途中を持つと、放射の圧力などから狙いが定まらず、的確に放射出来ない恐れがあります。
  4. レバーを強く握って放射します。
    ※消火器が重い場合、消火器を置いたままレバーを握って放射する方法もあります。
  5. 火の根元を狙い、手前からほうきで掃く様に放射します。
    ※自分の身を守りつつ効果的に放射するために、風上から放射します。
    室内で放射する場合は、出入り口を背にして逃げ道を確保します。

■放射時間は、消火器の種類や薬剤の量により異なりますが、粉末消火器で15秒程度、強化液消火器で30~70秒程度です。
放射時間や放射距離は本体に必ず表示してありますので、日ごろから確認しておきましょう。

←賃貸物件の基礎知識 トップへ