賃貸物件の基礎知識

長期不在の際は不動産会社へ連絡を

事前に連絡

長期出張や長期旅行などでお部屋を留守にする際は、必ず不動産会社に連絡をしましょう。

賃貸物件では、予測不可能な設備のトラブルが起こる事がまれにあります。
その際、ご入居者と連絡が取れないと、不動産会社でも対応が遅くなる場合がありますので、事前に長期不在の申出をしておきましょう。

スーツケースパスポート空港

新聞等の購読の休止

長期不在の際は新聞、その他の購読を一時休止してください。
購読等をそのままにしておくと、新聞等があふれ、近隣にご迷惑が掛かるばかりか、留守を他人に教える事になり、空き巣等の被害にあう場合も予想されます。

長期不在中のお部屋について

長期不在に際は水栓をしっかり閉めてください。
冷蔵庫内に食料品が残っている場合は、冷蔵庫の電源は切らず、それ以外の電化製品に関しては電源を抜きましょう。

また、ある程度の換気はしておいた方が良いですので、換気口があれば、少し開けて空気の流れは止めない様にした方がよいでしょう。

←賃貸物件の基礎知識 トップへ