上手なお引越しのコツ

荷造りの方法~お引越し前日まで

荷造りの開始
ふだん使わない物からダンボール箱に詰めましょう。本などは重いので一つの箱に全て詰めず、複数の箱に分散させましょう。
また、箱の外に通し番号と中身を書いておくと便利です。その際、大きく太く書き、運ぶお部屋(洋室、和室、キッチン、北側~など)まで書いておくといいでしょう。
食器類の包み方
お皿は1枚ずつ、新聞紙を束ねて包みましょう。大切なお皿やグラス等には、プチプチや発泡シートで包むと良いでしょう。なお、食器類はダンボール箱に同じ形のものを並べて、必ず立てて入れましょう。
布団を布団袋に入れるコツ
布団、座布団を布団袋に入れるコツです。毛布や掛け布団など軽いものから重ねてゆき、その上から袋をかぶせ、ひっくり返すとスムーズに収納出来ます。
配線コードのコツ
テレビ、ステレオ、パソコン等の配線は事前に取り外してまとめておきます。外す際に名前、番号などを付けておくと、新居での配線が楽になります。
郵便局への転送手配
郵便局に専用用紙を提出してください。1年間、郵便物(運送業者のメール便等は含まれません)をお引越し先へ転送してくれます。
電気・ガス・水道の利用停止準備
それぞれ、現住所・新住所の営業所へ問い合わせてください。なお、ガスの閉栓・開栓には立会いが必要ですので、立会い日の約束もしておきましょう。
新聞購読停止の手配
取り扱い専売所へ連絡をしておきましょう。
新居の学校へ転校の届け
前校で揃えてもらった書類を提出しましょう。
新居への道路確認等
引越し業者のトラックが通れない、停める場所がないなど...、事前にお引越し先の不動産会社へ確認しておくのも良いでしょう。
冷蔵庫の霜取り
前日には冷蔵庫の電源を抜き、水を冷蔵庫の霜取り用皿に出しましょう。
※お引越し間際に抜くと、運送中に水が漏れるので注意しましょう。

ページの先頭へ戻る

←上手なお引越しのコツ トップへ

お引越し当日→