所要時間(徒歩所要時間)
不動産広告で徒歩所要時間を表示する場合には、不動産広告を規制する「不動産の表示に関する公正競争規約」により、徒歩1分が80mに相当するものとして計算します。
道路距離80mを徒歩1分に換算し、直線距離ではなく、道路に沿って測定した距離をもとにします。尚、道路や鉄道などを越えるために、横断歩道・歩道橋・踏み切りを経由しなければならないときは、その距離も含めます。信号待ちの時間、坂道・階段などの勾配は考慮しません。
専有面積
その部屋の借主が使用することが出来るスペースの面積をいいます。計算方法としては、壁の真ん中(壁芯)から内側を面積とする「壁芯(へきしん)面積」と、壁を含まないで実際に使用可能な部分を面積とする「内法(うちのり)面積」の2つの計算方法があります。
管理費・共益費
管理費・共益費とは清掃など、建物設備の維持管理に必要な費用のことをいいます。物件によって費用は異なりますが、オートロックやエレベーターなどの設備が付帯していたり、管理人常駐のマンションなどは高額になる傾向が見られます。
アパート
英語の「apartment」を略した和製英語です。日本では1階建てもしくは2階建ての共同住宅で、建築構造が木造または軽量鉄骨造のものを一般的に指しています。
マンション
日本における「マンション」は、一般的に鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、重量鉄骨造で、3階建て以上の分譲・賃貸共同住宅を指しています。本来、マンションは英語で「Mansion(豪邸)」を指し、日本におけるマンションは、欧米では「アパートメント」と呼ばれています。
テラスハウス
隣との壁を共有しながら連結している低層住宅で、長屋式の建築方法です。それぞれの住居が専用の庭とテラスを所持していることからこの名称が付けられました。
戸建
一つの敷地に一世帯が居住する住宅を「一戸建て、戸建、個人住宅」と言います。
1R
ワンルームの略称。居住スペースとキッチンの間に仕切りの無い部屋です。部屋とキッチンの間に仕切りがある場合は1Kといいます。
K
部屋の間取りを示した用語で、キッチン(台所)を指します。
DK
部屋の間取りを示した用語で、ダイニングキッチンを示します。台所兼食事スペースの意味で、6~10帖未満のものが多く見られます。それ以上の広さはLDKになります。
LDK
部屋の間取りを示した用語で、リビングダイニングキッチンを示します。10帖以上であればLDKと言われることが多いです。LDKにSが付くとSLDKとなり、納戸付きであることを意味します。
共用部分
共用部分とはアパートやマンションの内、専有部分以外の部分のことを指します。屋根、廊下、壁、柱、その他住人の共同スペースといった居住者が共同で使うものは全てこの区分に該当します。なおベランダは部屋の一部であるため、一般的に専有部分であると考えられていますが、これも共用部分に該当します。
専有部分
借主が自由に使用してもよいスペースを指します。具体的には区切られた部屋の中を専有部分と言います。ただし、コンクリート壁や床材、玄関ドア、ベランダといった部分からは共用部分に区分されます。
内見
物件を決めるにあたって実際にお部屋の中を不動産会社に下見させてもらうことを指します。
陸屋根
平らな屋根のことを指します。屋根面の全体に防水加工を施し、雨水が屋上の排水口へと流れ込むよう小さな勾配を付けて、雨水の排水を確保したものをいいます。陸屋根は、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造の建物で多く見られます。
フローリング
木板や木質材料による床板のことを一般的に「フローリング」といいます。
クッションフロア
塩化ビニール系床材で発泡層を含んでいるプラスチックシートのことを「クッションフロアシート」または「クッションフロア」と呼んでいます。この床材は、保温性・耐水性・衝撃吸収性があるため、洗面所・脱衣所・台所の床仕上げ材として多用されています。間取り図ではCFと表示されることがあります。
クロス
天井や壁などの仕上げ材として用いられる薄い布状の装飾用壁紙のことを指します。ビニール製やプラスチック製、布製のものがあります。
バルコニー
建物の壁面から突き出した床の部分で「ベランダ」ともいいます。バルコニー(ベランダ)は賃貸の場合、共用部分とみなされますので、各住戸の専有面積には算出されません。
パイプスペース
給水管、汚水管、雑排水管、ガス管等が配管されているスペース。間取り図ではPSと表示されることがあります。
アスベスト
石綿(せきめん・いしわた)のことを指します。繊維質なので紡績が出来ること、耐久力もあり、溶融点が1,300度程度と高く、熱絶縁性の大きさ、耐薬品性の大きさ、安価であることなどから、様々な用途に使用されてきました。しかしながら、石綿の繊維を肺に吸入すると、肺がんや中皮腫の原因になることが判明して、1975年には吹き付け使用が禁止され、2006年には全面的に輸入・製造・使用等が禁止されました。
坪(つぼ)は、尺貫法による面積の単位。1坪は畳2枚分に相当します。現在は一辺が6尺(1間)の正方形の面積と定義されており、それは約3.3平方メートルに相当します。
江戸間
江戸間(えどま)とは、建築における寸法基準の一つで、主に関東で多く用いられています。畳のサイズは2尺9寸×5尺8寸となり、880mm×1760mmのサイズとなります。関東間(かんとうま)、田舎間(いなかま)、五八間(ごはちま)とも言われます。
京間
京間(きょうま)とは、建築における寸法基準の一つで、主に関西で多く用いられています。畳のサイズは3尺1寸5分×6尺3寸となり、955mm×1910mmのサイズとなります。本間(ほんま)、関西間(かんさいま)とも言われます。

ページの先頭へ戻る

店舗案内
アクセスマップ

賃貸マンションなど
物件に関するお問い合わせは
誠和産業株式会社

〒215-0021 神奈川県川崎市
麻生区上麻生1-2-1

セブンイレブンの裏が
入口となります。

※専用駐車場あり

TEL:
044-954-5430
FAX:
044-951-2363

小田急線 新百合ヶ丘駅より
徒歩1